フジ・コーポレーション(7605)

フジ・コーポレーションは、タイヤの専門店「タイヤ&ホイール館フジ」を東北や関東で直営展開しています。

割安成長株として評価されてきましたが、2016年10月期はリーマンショック以来の減益となり、成長鈍化が懸念されています。それでも着実に利益を積み重ねていることから、安定成長株に分類したいと思います。また、優待を拡充したことで、配当優待株としての注目が集まっています。

フジ・コーポレーションの概要と個人投資家ブログの意見をご紹介します。

スポンサーリンク

カーマニア向けタイヤ販売の圧倒的な実力

フジ・コーポレーションが手がけているのは、カーマニア向けのタイヤ販売です。競合他社と比べて優位に立つ強さを持ちながら、認知向上・エリア拡大によって業績を拡大しています。

フジ・コーポレーションの強み

現状では客層はカーマニアと言われています。タイヤ販売と聞くとオートバックスやイエローハットが知名度が高いと思いますが、そのような一般客向けとは住み分けをしています。

現状、一番のライバル企業と言えばカーポートマルゼンでしょうか?
オートバックスやイエローハット、タイヤ館などとは客層が異なる(オートバックスは一般向け、フジやマルゼンはマニア向け)ため、完全なライバルとは言えないと思います。

引用元:ゆうゆー投資法

カーマニアが気にするのはタイヤの種類の豊富さ、品揃えです。それを満たしているのがフジ・コーポレーションなのです。社長もその点について以下のようにコメントされています。

 「勿論タイヤ・ホイールに関する品揃えは同業他社の追随を許さないでしょう。」 と絶対の自信を持っています。

引用元:みきまるの優待バリュー株日誌

そしてこの品揃えを実現しているのには、2つの理由があります。

理由①:全店舗が直営

フジ・コーポレーションは全て直営店舗で運営しています。そのため、経営判断が全店舗の販売現場に浸透しやすい、在庫の融通も効く、などの点で強みになっています。

フジ・コーポレーションは全店舗が直営であり、本部マージンが不要なこと、迅速な経営判断が出来ること、通信販売が可能等の点でフランチャイズの多いオートバックスやイエローハットなどのライバルに対して圧倒的な価格優位に立っていること。

引用元:みきまるの優待バリュー株日誌

理由②:メーカー直営ではない

また、タイヤ館のようにメーカーが運営するタイヤ販売とは違って、複数のメーカーのタイヤを販売することができます。これによりカーマニアがアレコレ比較しながらタイヤを選べます。

タイヤ販売はブリジストンのタイヤ館などのメーカー直営店が圧倒的なシェアを握っている世界だが、それらの直営店はメーカーの都合で存在するお店であり、客の方を向いていないので品揃えが劣る。そのためほぼ全てのメーカーのタイヤを扱っていて「客の欲しい商品が何かを考えて仕入れている」フジ・コーポには敵わないこと。

引用元:みきまるの優待バリュー株日誌

利用者の声

実際にフジ・コーポレーションを利用した人に聞いてみたというブログもありました。何事もよく調べてアクションを起こす友人が、タイヤ購入にあたってフジ・コーポレーションを選んだそうです。なぜフジ・コーポレーションなのか聞いてみると、こう答えたそうです。

「もう価格的には他の店は比較にならない。それにタイヤ館はブリジストン系とか、フジ以外は系列のタイヤしか扱ってないし、そもそも価格が全然違う。ホイールと4本セットで3万円以上の開きがあるから、フジを知ったらみんなフジで買うと思うけど、みんな調べないから知らないんだろうな。そもそも東京に店舗がほとんどないから混んでるみたいだし。WEBショップで買うことも何の心配もないよ。フジはホイールとのバランス調整をした取りつけた状態で送ってくれるし、送料無料だしね。」

引用元:アラフィフ女子の山あり谷あり優待割安株投資日記

さらに自分でもフジ・コーポレーションでタイヤを買おうとしてみると、その通りであることが分かったそうです。

宅近所のイエローハットとかタイヤ館とかにも電話をして調べたんですけど、もうフジのWEBショップに掲載されている価格(ステップワゴンに合う4本のホイールとのセットで6万4千円が最安値)とは雲泥の差なんですよね。彼の言うとおりでした。

で、WEBショップで注文しようとしたら、「ご注文が殺到していて、商品のお届けは年末か年明けの可能性がある。」ってことだったので、もう大慌て。フジ以外で買うなんて考えらない状態でしたから、東京の店舗を調べて練馬と青梅の両方に電話してみたんです。

引用元:アラフィフ女子の山あり谷あり優待割安株投資日記

このブログだけから考えると、フジ・コーポレーションの強みとして、「品揃え」に加えて「安さ」という点もあるということです。

今後の成長性

今後の成長については、認知向上とエリア拡大によって、フジ・コーポレーションを選ぶ客が増えていくかどうかにかかっています。タイヤの販売は暖冬・寒冬の影響は受けるものの、一定であり、各タイヤ販売会社によるパイの奪い合いです。

現状でオートバックスやイエローハットやでタイヤを買っているような一般的な消費者が、フジ・コーポレーションを認知すれば、もっと業績が拡大するように思います。

様々な観点で業績拡大を想定する個人投資家の意見がみられました。

確かにフジは、「エリア拡大型」の成長ストーリーも持っていますが、メインは実は「認知度向上型」の成長ストーリーの方になります。

引用元:ゆうゆー投資法

また、現在は東日本中心の出店が、西日本に広がっていけるかも、もちろん重要な要素になります。

そしてフジ・コーポは利益率の高い美味しいビジネスであるタイヤ販売のみに特化しているという利点があるだけでなく、現在の店舗数は東日本中心に僅かに43に過ぎず、西日本には巨大な空白地帯が広がっており、これからまだいくらでも日本全国に出店余地があります。

引用元:みきまるの優待バリュー株日誌

実店舗も重要ですが、ネット社会である現代においては、ネット販売も拡大し続けるでしょう。

私はそれに加えて「WEBショップでのエリアフリーな顧客獲得でさらに成長できる余地があるわ。」って思えたんです。(カーポートマルゼンもWEBショップがありますけど。。)

引用元:アラフィフ女子の山あり谷あり優待割安株投資日記

一方で懸念を示す個人投資家も

今後の成長性に期待する向きがある一方で、これまで約6年間保有していた個人投資家が売却に動いたそうです。2017年10月期の1Qの決算における減益を懸念しています。

減益理由を円安による仕入れコスト増としていますが、当社は今までも原価率の悪化はありました。
そして円安になった2012年以降、原価率はむしろ改善さえしていたのです。
仕入れコストの変動には為替以外の要因は当然あるのでしょうが部外者の私には事情が残念ながらわかりません。

引用元:コムストックの投機日記

優待拡充&昇格

話は変わって、優待についても見ていきます。

フジ・コーポレーションは数少ない4月優待銘柄です。しかも、このところ優待拡充を続け、東証1部まで昇格してきました。

優待拡充その1

株主優待は三菱UFJニコスギフトカードです。クオカードと並んで人気の優待品です。

2016年、それまで500株以上であった株主優待を、100株以上でもギフトカードがもらえるようになりました。これにより100株保有の個人投資家を増やし、東証1部昇格へ向けて動いたとみなされました。(その後、その通り東証1部へと昇格しました)

株主優待を貰える株式数が、500株単位⇒100株単位と変更になりました。
従来は100万円近く必要でしたので、かなり投資しやすくなり嬉しいですね~。
タイヤ専門店を展開する成長銘柄で、東証一部への昇格も期待できます。

引用元:株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ

当時の状況では、総合評価はCでした。

【 きびなごの格付け 】 C
〔A~Eの5段階評価で、Aが最高・Cが普通・Eが最低〕
・業績安定度:B
・財務安定度:C
・配当利回り:D
・割安感:C

引用元:株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ

優待拡充その2

100株以上で1,000円のギフトカードであった優待を、100株以上で5,000円のギフトカードへと拡充しました。5倍になる大きな拡充ということで、優待メインの個人投資家からも大注目を集めました。

従来単元の100株保有していた株主は1,000円分のギフトカードをもらえましたが、今後は5,000円分もらえることになります。実に5倍となり優待利回りも(2/14の終値では)2.5%に跳ね上がります。

引用元:株主優待侍

スポンサーリンク