ワイズテーブルコーポレーション(2798)

ワイズテーブルコーポレーションは、高級レストラン、カジュアル伊料理などを直営・FCで展開、ブライダル事業も。アジア開拓中。

株主優待は年2回(2月8月)で自社グループ店舗で使える優待券が貰えます。3年以上継続保有で10%割引の会員証も貰えます。業績・財務は不安定ながら優待が人気となっている銘柄です。

ワイズテーブルコーポレーションの概要と個人投資家ブログの意見をご紹介します。

スポンサーリンク

高給レストランからカジュアルレストランまでを展開

XEXグループ

高級レストランを運営しています。店舗としては、XEX、The Kitchen Salvatore Cuomoなどがあります。

全体に占める割合としては、2017年2月期において、売上で31%程度となっています。前年比では減収増益となりました。

XEX事業は旗艦店である愛宕の新装効果あるも上海と六本木CCの閉店が響き、前年比95.7%とまさかの減収で終わった

引用元:なちゅの市川綜合研究所

カジュアルレストラングループ

カジュアルレストランを運営しています。代表的な店舗としては、PIZZA SALVATORE CUOMOです。

全体に占める割合としては、2017年2月期において、売上で69%程度となっています。前年比では増収減益となりました。

サルバトーレ事業もデリバリーとランチは底堅く推移したものの、ディナー既存店売上が前年比で9割強に落ち込んでしまい、これが業績下押しの主要因となりました。

引用元:なちゅの市川綜合研究所

国内は黒字定着ながら、課題は海外

国内事業においては、XEXグループ、カジュアルレストラングループともに黒字が定着しています。

しかしながら、成長ドライバーとなるはずの海外事業が一向に上手くいきません。

当社の課題はやはり海外事業でして、以前から出店していた上海も閉店
となってしまったほか、台湾(微風廣場店)も閉店・減損計上となりました。
それでも去年は、既に進出済みの韓国・ソウル郊外の新世界大邱に新店
を出店したほか、フィリピン・マニラにも143坪の大型店を出店しました。

引用元:なちゅの市川綜合研究所

業績・財務は不安定も優待株として株価を維持か

2009年~2012年度までは大きな赤字となっていた当社も、その後は国内事業が安定して黒字となっています。とは言え、海外事業が上手く行っていない状況です。

海外事業が足を引っ張る業績不振もあり、過去の赤字により財務が傷んでおり、業績・財務ともに不安定な状況です。

しかしながら、高利回りの優待が株価を下支えしており、そのため、指標的にも割高感があります。

●自己資本比率が1割台と、財務面は有利子負債が多く、長期保有には少し不安。
●現在の株価は、PBRやPERから、資産面や収益面で割安感はない。
●配当金はゼロ。利益剰余金がマイナスであることから当面復配できない。
●株主優待は6%超と、非常に魅力的な利回り。

引用元:株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ

株主優待は自社グループ優待券

株主優待は自社グループ店舗で使える5,000円相当の優待券です。

店舗を訪れることができない投資家のために、優待券全額で同額相当のギフトとも交換できます。2016年12月1日現在では以下のラインナップとなっています。

  • 沖縄県産もとぶ牛(黒毛和牛)ギフト~すきやき用(冷凍)~
  • 沖縄県産もとぶ牛(黒毛和牛)ギフト~ハンバーグ&メンチカツセット(冷凍)~
  • ショコラトリー「LE CHOCOLAT DE H」による特別ギフト ~アイスクリームセット~

また、長期優遇制度もあり、3年継続保有で「XEX MEMBERS CLUB(株主向け)」会員証が貰えます。これは自社グループ店舗で10%割引となります。

PIZZA SALVATORE CUOMO

ワイズテーブルコーポレーションで店舗が多いのは、PIZZA SALVATORE CUOMOです。

値段も手頃なので、5,000円分の優待券を使うには丁度良いレストランです。

店舗毎にメニューが異なるようなので、利用する場合には事前にチェックしておいた方がよさそうです。

この会社の店舗のほとんどがPIZZA SALVATORE CUOMOなんです。ここで使うのが一般的ですよね。

気を付けなくてはいけないのが店舗ごとにメニューがかなり違うことです。

引用元:猫による株主優待

総合評価

国内事業が黒字化定着しており、後は海外事業が好転すれば業績が化けることはありそうです。

今のところその兆候は見えず、指標的にも割高感があるため、手が出しにくい状況です。

優待目的のホールドは問題ないかと思いますが、まとまった投資のためには海外事業の行方を注意深く見守る必要があります。

業績・財務の評価が低いです。配当(優待)利回りが高い割に、割安感には乏しいという、優待で株価を支えている銘柄です。

【 総合評価 】
〔5段階評価で、☆3つが標準、☆5つが最高評価〕
●業績安定度:☆☆
●財務安定度:☆
●配当利回り:☆☆☆☆☆
●割安感:☆☆

引用元:株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ

優待利回りはなかなか良いのですが総合評価は低くなっています。

株価(2,778円):★★★☆☆ 横ばいです
配当金(なし):☆☆☆☆☆ ゼロです
優待内容:★★★☆☆ 優待利回り3.6%ですが…。

総合得点(15点満点):6点

ワイズテーブルコーポレーションからは年2回の株主優待いただけます。当初はサルバトーレ・クオモで使いましたが、どうも店舗の雰囲気が好きじゃなかったので、商品をもらうことにしました。

引用元:「マイホームへの道」株主優待・ふるさと納税で豊かな生活

2017年2月期を終えて、黒字定着と財務改善を評価されています。復配よりも既存店改装にお金を使って国内事業を盤石にすべきと指摘されています。

全社的には完全に黒字基調が定着してきつつあり、
配当もずっと出していないので、財務もずいぶん良化しており、自己資本
比率もついに25%にまで改善しました。利益剰余金欠損も▲1.6億円にまで
減ったので、今期は復配リーチ圏となっていますが、無理してケチな配当
など出さずに、内装がボロくなっている既存店の改装にお金を使って、テコ
入れしてほしいと思います。

引用元:なちゅの市川綜合研究所

同業他社情報

▼バルニバービ・・・カフェ、レストランを直営展開。公園、水辺を含む独自出店策に強み。

バルニバービ(3418)
バルニバービは、カフェ、レストランを直営展開。公園、水辺を含む独自出店策に強み。スイーツ事業も手掛ける。 2015年IPOでマザーズ上...

▼ゼットン・・・飲食店運営。アロハ、ビアガーデン、ブライダルも。ダイヤモンドダイニングの持分会社化。

ゼットン(3057)
ゼットンは、飲食店運営。アロハ、ビアガーデン、ブライダルも。ダイヤモンドダイニングの持分会社化。 名証セントレックス銘柄で成長期待・割...
スポンサーリンク