朝日インテック(7747)

朝日インテックは、 産業用から出発、循環器治療のPTCAガイドワイヤへ展開。タイ、ベトナムでほぼ全量生産。

株主優待はありません。

2018年6月期で6期連続増配です。

朝日インテックの概要と個人投資家ブログの意見をご紹介します。

スポンサーリンク

カテーテル治療に不可欠なガイドワイヤーでグローバルニッチトップ

事業内容

朝日インテックは、ガイドワイヤーをはじめとするカテーテル治療要製品を開発・製造・販売しています。

近年著しい進歩を遂げているカテーテル治療は、患者への負担も少なく、早期の社会復帰が可能となる等メリットの多い治療法です。そのカテーテル治療に不可欠な製品がPTCAガイドワイヤーであり、朝日インテックの開発・製造するガイドワイヤーは卓越した開発力と製造技術で世界的に高いシェアを獲得しています。

売上に対する原価比率が低く、付加価値の高い製品を提供していると評価されています。

表からは割愛していますが、売上に対する原価比率が低いのが特徴的でした。製造業の多くは厳しい価格競争、人件費の高騰など原価比率が高くなる傾向にあり、思うように利益を出せていない企業が多い中、同社は付加価値の高い製品を提供しているということが分かります。

引用元:ギャンブル好きに捧げる投資ブログ

ガイドワイヤーのグローバルシェア

朝日インテック シェア

http://www.asahi-intecc.co.jp/story/4

具体的なシェアの数値は見当たらないものの、朝日インテックWebサイトにて上の画像が掲載されています。

世界106の国と地域で展開しており、日本では2/3ほどのシェア、アジアやヨーロッパでは1/3、米国では1/4ほどのシェアを獲得しているものと推察されます。

強みは一貫生産体制

朝日インテックの強みは、素材から製品に至るすべてを一貫生産できる体制を整えていることです。

日本の拠点は研究開発・試作に特化しており、タイ・ベトナムの生産拠点で量産しています。海外に向上を置くことでコスト競争力を強化するとともに、研究開発に多くの経営資源を投入できる体制を作り上げています。

東証1部昇格

JPX400で唯一の東証2部銘柄

ほとんどが東証1部の銘柄で構成されているJPX400ですが、東証2部では唯一、朝日インテックが選出されていました。

ついに東証1部昇格

2018年8月、東証1部昇格が発表されました。

同時に、株式売出しおよび第三者割当による新株式発行も発表されています。

財務的・流動性の問題は特に無いと思われますので、東証1部昇格を利益確定および資金調達に利用したものと思われます。

好財務

業績好調により、財務は拡大と改善を続けています。

2017年6月の自己株式の売出し、そして2018年8月に1部昇格と同時に公募増資を行うことでさらなる財務改善が進みます。

2018年6月期においては、キャッシュ192億円に対して借入金は62億円と実質無借金経営であり、自己資本比率は74%に達しています。

超優良な財務状態であると評価されています。

固定資産を純資産でまかなえる同社の自己資本比率は70%を越えており、超優良な財務状態です。

引用元:ギャンブル好きに捧げる投資ブログ

中期経営計画

ASAHI Road to 1000

将来的な目標である売上高1,000億円に向けて、2023年6月期を最終年度とする5ヵ年の中期経営計画を発表されています。

2023年6月期において、売上高800億円(年率+10%成長)、営業利益200億円(年率+7%成長)を目標値としています。

PTCAガイドワイヤーのNo.1メーカーポジションを堅持するとともに、それ以外の製品の市場シェアアップを目指します。

総合評価

グローバルニッチトップであり、しかも技術力がモノを言う医療分野ということで、利益率が高いまま成長を続けています。財務も健全であり、ファンダメンタルズ的には言うことなしです。

2018年8月時点でPER49.8倍/PBR10.1倍となっており、非常に高く評価されています。

株価は2017年に2倍になった後、ヨコヨコの展開となっています。待ちに待った東証1部昇格となりましたが、同時に売出しや増資を行うことで需給悪化が懸念されます。好業績は続くと予想されますが、指標的には割高感もあるため、相応の調整が起こるものと思われます。

2016年3月時点のブログですが、同時より利益率やROEは高く、財務も堅めと評価されています。高PBRも継続しています。

朝日インテックは成長を見せており利益率ROEも高く財務も堅めと今はとても旬なようです。買いどきだなんて言ってないですが、買いどきだと思っている人が多そうなPBR11ほど。

引用元:大河の一滴

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事